悲しいお知らせ

私たちの愛猫・モモが昨日、天国に行きました。

ホームページの写真にある子猫がモモです。

 

4年前の1月30日、治療を終えたネコを家まで届けるために、私は車を運転していました。

その途中、道端に白い小さな物体を発見しました。

最初はティシュか何かだと思いました。通り過ぎた後で、「あれは子猫では?」と。

その帰りに同じ道を通ったら、さっきとは少し離れたお店のシャッターにもたれかかっていた。

急遽、車を近くの空き地に止めて、その子猫を抱き上げた、「フー」と威嚇する。

車の中の箱に入れて、もういっぺん抱いてみた。

片足がプランプランだ。骨折。

家に連れ帰った。

 

翌日のレントゲン検査で左大腿骨骨折が判明。大きく折れていて断端が離れている。

手術は成功したのだが、なにせ子猫だ。じっとしていない。

ギブスをして、ちゃんと歩けるようになるまで入院していた。

 

本当は誰か里親を探すつもりだった。

しかし、一ヶ月も世話をしていたら情が移ってしまった。

妻は誰にもあげないと言い出した。

それから、私達の家で飼うことになった。

 

去勢手術の時に白血病検査で陽性が出た。

家には他にもネコが沢山いる、白血病に感染してれば、他の猫たちと接触はできない。

ストレスで発病することもある。

何回か屋外へ出たことがあるが、凄く疲れて帰ってくる。ストレスだろう。

それからは絶対に外へは出さないことにした。

 

一日中、お母さんのそばを離れない。掃除・洗濯・炊事と家の中を妻に付いてまわる。

私の部屋で昼寝するときも、絶対に私の布団ではなく、妻の布団の上で寝る。

ドアも一人で開けるようになった。私の部屋のドアノブだけは回転式でモモには開けられなかった。

ドアの外で「ニャー」と一声。ドアを開けてやると、すぐ入ってくる。

夏の暑い時期は床に寝そべっているが、冬は、必ず私の膝に登ってくる。

居間のテーブルでご飯を食べていると必ず膝に登ってくる。

 

そんな元気なモモが昨年の夏頃から元気がなくなってきた。

食欲もだんだんなくなってきて、インターフェロンを何度か注射した。

年末には再発した。なんとか騙し騙しきたが、1月の終り頃にはもうなにも受け付けなくなった。

腎不全を併発していて、口の中が痛くてかわいそうだった。

 

丁度、拾って4年目だ。何日間か点滴をしていた。

休みには神奈川にいる長男夫婦がモモに会いに来てくれた。

モモの名前をつけてくれた長女は何度かモモに会いに来た。

亡くなる前日は一日病院で点滴するモモに付き添ってくれた。

 

2月6日の未明に息絶えた。

その前の日は不思議なくらいに顔がふっくらして、お母さんの方を向いては「ニャー」とないた。

2月6日は未明から雪が降り始めた。

私達はモモの臨終に立ち会えていないが、次男が発見して知らせてくれた。

 

朝早く長男夫婦と長女にメールした。

出勤途中の長男がメールをくれた。「白いモモが亡くなった頃に白い雪が降り始めたね。」

そのメールを読みながら涙が溢れて止まらなかった。

 

電話で返事をくれた長女は泣いて声にならなかった。

 

今は、凄い喪失感でいっぱいだ。

何故、救えなかったのか・・・。モモの遺品を見る度に寂寥感に襲われる。

我が家には18才になる姉妹ネコもいる。4才じゃ早すぎる。

 

いつもの花屋さんでモモのお花を買いに行った。

花屋さんは「昨日まで三日間ほど閉めてたんだけど、先生うちに来たかい?」

年中無休の花屋さんがお店を閉めるなんて、しかも三日間も・・・。

 

この三日間は点滴だけでモモは頑張った。

モモは花屋さんが閉まってることを知っていたのだろうか?

偶然にしては・・・。

 

それと、ネコの白血病の発病はそのほとんどが、リンパ腫のために胸腔内に水が溜まる。

そのため、息が苦しくて呼吸困難で来院される。

完治することはないので、胸の水を抜くことで多少は楽になるが、また溜まる。

 

結局、呼吸困難で死亡する。

モモはこの呼吸困難がなかっただけでも救いだった。

 

モモも虹の橋のたもとで待っていてくれるだろうか?

いつまでも待っていないで、先に行って、鳥やバッタを追いかけて遊べばいいと思う。

家から出さないでいたので、どんなに外で遊びたかっただろう。

許しておくれ。モモ。

 

 

 

 

 

 

診察時間

午前8時から午後6時まで

(電話受付は午前7時から)

 

来院の前に電話にてご連絡をくださいますようお願いしたします。

 

午後0時から3時までは手術往診やお昼休みで診察できないこともございますが、電話での受付は可能です。

 

休診日水曜日曜祝日です

 

英語のできる獣医師もいます

 

夜間診療は行っておりません。

 

大型犬の診療は現在はおこなっておりません。(フィラリア予防と各種ワクチン接種は可能です)

 

突然、臨時休診日になることがございます。ご確認ください。